学資保険に入るという意味は?

学資保険は、生命保険会社が取り扱う保険商品の一つです。生命保険会社には、学資保険以外にもたくさんの保険商品が取り扱われていますが、その中からこの保険を選ぶことにはどのような意味があるのでしょうか。

学資保険は、加入者それぞれが自分なりの考えのもとで入っていますが、その意味は3つに大別させられるでしょう。1つ目は「将来必要となる学費への備え」です。日本では、教育機関の等級が上がるほど、入学から卒業までに多額の学費が必要となります。このため、貯蓄型の保険に入って、子供が小さいうちからコツコツと将来に向けてお金を積み立てていき、大学に入学する段階で満期保険金を手にして授業料等の支払いにあてるといったことが行われています。

2つ目は「親に万が一のことがあったときにも学問を修めることができるようにするための備え」です。家族の中で主たる稼ぎ手となっている人が病気や事故などで亡くなってしまうと、子供の学業面で様々な支障をきたすおそれがありますが、学資保険の中には保険契約者が亡くなった場合に以後の保険料の納付が免除される内容が含まれている商品や、満期になるまでの間に育英年金が支給される商品があり、高齢だったり、健康面に不安がある親が加入しておくことで将来への備えが可能です。

3つ目は「子供の医療保険の代わり」です。医療保険の中には、近年は0歳からでも入ることができる医療保険が登場するようになったものの、医療保険は基本的には一定の年齢に達していなければ入ることができない仕組みになっています。しかし、医療保障が充実した学資保険に加入しておくと、子供が病気にかかったり、大きな怪我を負ってしまった場合に保険金が給付されるようになります。学資保険は、身体があまり丈夫ではない子供がいる場合にも便利な保険といえます。

保険についてはこちら

Comments are closed.